FXシステムトレーダー

FXをシステムで運用している個人トレーダーのテクニカルを公開しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロシア経済1』

昨今、ロシアに対する評価が一段と高まっている。投資対象先としてもBRICsの一端を担うロシア関連ファンドが次々に設定されるなど、世界を震撼させた98年の通貨危機“ルーブルショック”からロシア経済は見事に復活し僅か数年間で諸外国の評価を一変させた。

成功の背景にはプーチン大統領の強烈な指導力がある。2000年に就任以後、強い国家政策を掲げ『国家権力の強化』『市場経済化路線』を政策の柱に圧倒的国民支持を得ている。

『国家権力の強化』知事などの直接選挙を廃止し大統領任命の中央集権化を強化。出生率向上を狙い積極的な移民誘致。汚職一掃政策。チェチェン問題も親露政権確立で正常化。
『市場経済化路線』ルーブル切り下げによる国内産業の復調と資源価格の高騰を追い風に2000年にGDP10%成長を記録。06年には8年連続の成長を遂げインフレ率は9%と過去最低水準を維持。数々の経済特区を設ける


この他にも脆弱な財政構造からの脱却を目指し同国が定める原油基準価格(1バレル当り27米$)を超えた場合、関税や採掘税を徴収する。これらを対外債務返上に充当。

しかし、この国の経済成長には脆さと危うさが付きまとう。高騰した商品市場は今やヘッジファンドの投機対象となった。必要以上に高騰した商品価格はいずれ修正され暴落という形で終焉を迎える危険性を秘める。

また天然ガスにおいては9割を政府系天然ガス企業「ガスプロム社」(※1)が占め、パイプライン等輸送網においては全てを独占しているのが現状。天然ガス価格高騰の恩恵を受けるのは同社(=国)に集中する。

※1:『サハリン2プロジェクト』では生産分与協定(PSA)に基づきサハリン・エナジー社(シェル55%・三井物産25%・三菱商事20%)を設立。ところが06年9月環境問題を理由に一方的に承認を取り消し。シェル他3社は渋々株式の過半数をガスプロム社へ譲渡。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


初めて拝見させてもらいました。
ただいまいろいろなブログを見させてもらって
勉強中です
【2007/06/13 21:01】 URL | あきら #- [ 編集]


はじめまして、楽しく拝見させていただきました。
またちょくちょく拝見させていただきます。
【2007/06/17 05:37】 URL | memaido #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://fxsystemtrader.blog93.fc2.com/tb.php/15-7e0a07a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

市場経済市場経済(しじょうけいざい、英語|英 market economy)とは、市場機構(需要と供給を参照)を通じて需要と供給|需給調節と価格調節が行われる経済のことである。対立概念は、計画経済である。また、市場機構を重視する経済のことを、特に市場主義経済(しじょうし 経済学のことを知ろう【2007/10/03 13:57】
プロフィール

fx.systemtrade@gmail.com

ミスターFX

Author:ミスターFX
銀行ディーラーとして為替運用に関わり10年間月利10%を達成してきた投資テクニックを公開していきます

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FX Systemtrader

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。